鼻整形・鼻修正

鼻修正で高くする整形について

鼻修正でを高くする方法というのは、いくつか整形の種類があります。その一つとしてあるのが、プロテーゼによる隆鼻術と呼ばれるものです。これは、プロテーゼと呼ばれるものを入れて、鼻の高くする方法になります。プロテーゼにはシリコン製とゴアテックス製のものがあります。どちらにするべきなのか、というのはよくよく話し合ってから決めたほうがよいでしょう。
シリコンプロテーゼでやる場合には、実は二つのものがあります。それがI型とL型の2種類プロテーゼです。I型は鼻筋部分に装着することができるようになっています。L型であれば、鼻筋から鼻柱まで行うことができます。2種類がありますが、今現在はI型が主流です。
材料としてのゴアテックスというのは、筋が見えない材料になります。身体に入れる医療材料として既に確立されていますから、危険はないと思ってよいでしょう。シリコンもお勧めできるのですが、シリコンはどうしても筋が出てしまうことがありますから、その点が気になる人にはなかなか厳しい判断となることでしょう。ちなみにこの鼻修正の施術自体は鼻の中の手術になりますから、傷跡は外から見えないので、その心配はすることはないでしょう。よい鼻修正の手術ではありますが自己負担になります。

鼻修正の整形としてのヒアルロン酸

ヒアルロン酸注射というのがあります。これによって、鼻修正で高くすることができます。ヒアルロン酸というのは、知っている人も多いでしょう。例えば肌に存在するものですし、また、関節などにも存在する成分であり、とにかく保湿力に優れていることで美容関係によく使われているのです。このヒアルロン酸を鼻筋に沿って注射することによって、鼻を高くできるようになっています。効果に時間的な制限がありますが、気軽にできる鼻修正の整形としてお勧めできることは確かでしょう。
ちなみに効果なのですが1年程度です。どうしてそれで消えてしまうのか、といいますと体内に吸収されていってしまうからです。ですから、効果が永続的ではないのですが、非常に簡単にすることができますから、極めてお勧めできることになっています。特にプチ整形として人気があるのです。要するにメスを入れないからです。メスを入れることに心理的な抵抗感を持っていることが多いでしょう。そうした人には注射をするだけ、というのがまずビジュアル的にも有難いということです。
ちなみに鼻修正の整形としては安いのですが、それでも保険が使えないので数万円単位は覚悟しておく必要性があるのです。それがヒアルロン酸注射です。

小さくしたい人の鼻修正の整形

鼻というのは、どうしても顔の真ん中にありますし、これがどうしても形が気に入らない、ということがあるでしょう。特にいえるのが、一般的には小鼻と呼ばれている部分です。そして、その外側の部分、鼻翼と呼ばれているところもかなり形を気にする人が多いでしょう。この部分が大きいですと非常に見栄えがよくないからです。ですから、これをどうにかして小さくしたい、コンパクトにしたい、と、鼻修正を考える人が多いわけです。
この鼻修正の手術には三つの方法があります。まずは内側法というものです。これは、鼻の穴の内側を切ることになります。そうすれば鼻翼部分を小さくできるわけです。そして、内側を切ることになりますから、傷は内側にできることになりますから、目立つことがないです。そうした部分が人気になっている整形手術になります。しかし、大幅な修正にはあまり向いていないので大きくやりたい人は違う方法を選ぶようにしたほうがよいでしょう。もう一つが外側法になります。これは鼻の内側から外側まで切ります。ですから、大きく鼻翼が出ている人には一気に修正ができますから、極めてお勧めできます。しかし、本当に大きく整形をすることになります。三つ目が内側法と外側法を両方やることになります。鼻修正で効果が最も強く出るやり方です。


鼻修正専門外来のコムロ美容外科クリニックではあなたの理想の鼻を手にれることができるのです。美容に関しては、鼻の形は治そうにも治せないですよね。美容外科でも安心、確実を掲げておりまして、切らない鼻の修正、また鼻の他院修正まで、コムロ美容クリニックにお任せください!無料のカウンセリングでまずは、あなたのお悩みを解決していきましょう!

PICK UP

CHOICE

見つめる女性

主に鼻修正の整形には四つの種類があります

鼻の整形手術というのは、大雑把にいいますと4種類あります。大きく分けて四つ…

»readmore
可愛い女性

前向きに考える鼻修正の整形

顔の雰囲気を決めてしまうパーツと言えば、眉や目元だと思われがちですが鼻もそ…

»readmore
笑顔の女性

注射一本で鼻修正

鼻の整形手術といっても注射一本というのもあるのです。それがヒアルロン酸注射…

»readmore